フィリピンで1日に2回もカバンのチャックを開けられた事件

フィリピーナ

平和ボケしていた私

私がまだフィリピン初心者だった頃の話です。

もともと海外出張が多かったんですが、その大半はアメリカやヨーロッパなどの先進国でした。

なので、いわゆる「平和ボケ」があったんでしょうね。

その日はフィリピン渡航2回目で、週末が挟まっていたので、土日がフリーでした。

朝早くからGrabを使ってネットで調べたマーケットに言ったり、ショッピングモールに行ったりと、マニラを楽しんでいました。

カバンのチャックが開いてる

Grabが必要な場所へは一通り行ったので、徒歩でマカティのリトルトーキョー周辺をくまなく散策していて、信号待ちで歩道に立ち止まっていた時に事件は起こりました

今思うとホントに「平和ボケ」だと思うんですが、その時私はショルダーバッグを持っていて、背中側に背負ってたんですが、その背中に何か違和感を感じて後ろを振り返ると、

フィリピン人カップルが

私の背中に伸ばしていた手を引っ込めた

まさかとは思ったんですが、カバンをお腹側に引いてみると、

カバンのチャックが半開

そこには地図をプリントしたものしか入っていませんでしたが、道中何回も開けているんで、閉まっていたことは確かです。

間違いなくそのカップルが明けたことは確かですが、現場を見たわけではないので何もできず

当のカップルは、笑いながらそそくさと別の方向に歩いていきました。

そして気を取り直して散策再開。

またもやカバンを開けられた

1回目にカバンを開けられた時に、お腹側にカバンを持てばよかったんですが、癖で背中側に回してしまっていて、1回目から5分も経たないうちに、またもやさっきと同じ背中の違和感が、、

振り向くと、

フィリピン人のオヤジが

カバンのチャックを開けてる

目が合い、オヤジの手を掴もうとしたんですが、そのまま走り去りました。

周りのフィリピン人は笑ってましたね。

後で思うと、あの時もしオヤジの手を掴んでいたら、街中とはいえ刃物で刺されていたかもしれないですね。

実被害

カバンには地図をプリントした紙、ティッシュ、携帯充電用のバッテリーしか入って無かったのが幸いしたのと、ケガなどの

実被害はゼロでした。

その時思ったのは、

やっぱりフィリピンは治安が悪い。

特にマカティは金を持っていて無防備な外国人が多く居るので、スリのような手口が横行しているんだなぁ、と。

<教訓>

    • カバンは背中に背負ってはダメ。必ずお腹側に
    • 貴重品(財布や携帯)はチャックが閉まるズボンの中に
    • 街中では一時も気を抜かない
    • フラフラする時はなるべく汚い格好で

 

今では当然のように用心していますが、フィリピン2回目の渡航で「これぞフィリピン」を思い知らされた事件でした。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました