娘のように接していたフィリピーナSeちゃんから突然の絶縁宣言

フィリピーナ

とっても可愛いフィリピーナSeちゃん

初めて紹介するフィリピーナSeちゃんは元々Mちゃんが居たKTVに勤めていて、Mちゃんと知り合った頃から挨拶をする位の、いわゆる「顔見知り」程度の関係でした。

SeちゃんとはMちゃんが日本に出稼ぎに行き、Kちゃんを指名するようになった頃からその関係は親密になっていきます。

娘のような存在なので、もちろん体の関係はありません

色白で少し細めですがオッパイは大きく、日本人好みの可愛らしい顔つきの23才フィリピーナです。

父親はいますが心底嫌いな存在のようで、私の事を本当の「DAD」「Father」だと言っていました。

一緒に居るとKちゃんが居るにもかかわらず私の腕に手を絡ませてきたり抱き着いてきたりするくらい、本当に私の事を父親のように思ってくれていたフィリピーナです。

Seちゃんとの関係は少々複雑

関係は少し複雑で、

  • SeちゃんはKちゃんの親友(過去形)
  • Kちゃんのお兄ちゃんの彼女(過去形)
  • 私の知人Aさん(日本人)とも付き合っている(現在進行形)
  • さらに違う日本人とも付き合っている(過去形)

何ともフィリピーナにありがちな男関係を持っていて、本当の父親のようにそれらを包み隠さずに私に話してくれていました。

私の知人AさんにSeちゃんを紹介したのも私です。

転機が訪れたのは今年の1月

Seちゃんは当時、Kちゃんと同じKTVに勤め、Kちゃんと同じコンド(別の部屋)に住み、Kちゃんのお兄ちゃんとはそこで一緒に住んでいました。

が、ある日突如としてKTVを辞めました。

KTVを辞める前にSeちゃんからはKちゃんのお兄ちゃんとの事を相談されていていました。

  • Kちゃんのお兄ちゃんは職場に彼女が居る
  • 職場の彼女はすごい美人
  • 毎週彼女とプールに行ってる
  • 今二人きりでプールに居るけど、どうしたらいいか分からない

お兄ちゃんとは顔見知りですが、あまり良い印象が無く、私としてもSeちゃんには別れてほしかったので、その事をはっきりとSeちゃんに伝えました。

そのやり取りがあった数週間後にSeちゃんから

フィリピーナ
フィリピーナ

Kちゃんのお兄ちゃんとは別れた

と連絡が入った矢先に事件が起こりました。

衝撃の事実が明らかに

KTVを辞めたのは何か事情があると思ったので聞きませんでしたが、翌週にその理由が分かることになります。

その日はSeちゃんから

フィリピーナ
フィリピーナ

Kちゃんのお店に一緒に行きたい

と連絡が入り、その日はちょうどKTVに行こうと思ってたので、

私

OK、じゃあ9時にお店の前で待ち合わせね

そんなこんなで、Seちゃんと一緒にKちゃんが居るKTVに入りました。

2人でKちゃんとダブル指名して楽しい時間が始まりました。

Seちゃんは客としてお店に行っているので(もちろん会計は私)基本的には飲み放題なのですが、何故かジュースを飲んでいます。

まあ、女性には色々あるので気にしないでいましたが、私も少し酔っぱらってきてSeちゃんに、

私

ビールでも少し飲む?

すると、Kちゃんが横から

Kちゃん
Kちゃん

お酒はダメ!

ん?何でKちゃんが答えるのかな?

しかも結構なマジ顔で言ってるし。

しばらくやり過ごしてKちゃんもそこそこ酔っぱらってきたので、もう一度Seちゃんに言いました。

私

ビールでも飲む?

Kちゃん
Kちゃん

ダメ!

最初より激しい剣幕で完全否定です。

そして耳元で私に言いました。

Kちゃん
Kちゃん

Seちゃんは私のお兄ちゃんの子供を妊娠してる

想定の範囲内だったのでそこまで驚きませんでしたが、Seちゃんの方を見ると少し悲しそうな顔で何回も頷いています。

そこから

「家族が増えることを喜んでいるKちゃん」

「子供を産みたくないSeちゃん」

の激しいバトルが始まりました。

他のお客さんが明らかに迷惑と思える大声で、しかも泣き叫ぶバトルが延々30分以上続きました。

Seちゃんも熱くなり、しまいにはビールをがぶ飲みしていて、それをKちゃんが力ずくで奪うといった、下手すると体を張ったケンカに発展しかねない所までいったので、さすがにママさんが静止に入り、Seちゃんは泣き叫びながら店を出ていきました。

Kちゃんも化粧がすべて取れてしまうほど泣き崩れていてトイレに籠ってしまったので、その日は何とも後味が悪い状況での帰宅となりました。

突如届いた絶縁メッセージ、でも、、、

その後、Seちゃんが子供を産んだかどうかは定かではありませんが、私の想像では産まなかった方が可能性が高いと思っています。

Seちゃんとは週に数回連絡を取り合っていましたが、6月のとある日に突然こんなメッセージが来ました。

突然の「さよなら宣言」です。

Seちゃんに対しては恋心では無く、父娘のように付き合っていただけに残念ですが仕方がありませんね。

と思った翌日

普通にメッセージが来てるし、、、

フィリピーナ、やっぱり謎が多いです。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました